得田雅章 研究室

過去のお知らせ
  • 191226 リスクフラッシュ第288号にマクロ経済学セミナー(11/14開催)総括を掲載しました。
  • 191223 CRR Discussion Papers, Series J-72 「銀行の貸出産業別多様化について」(中京学院大学 森映雄特任教授との共同研究)を発表しました。
  • 191205 本研究室学部ゼミ生の竹内さんが、夏季休暇学生懸賞論文で入選しました。おめでとう。
    resultイメージ
  • 191202 1/23(木)に、大庫直樹氏(ルートエフ株式会社)をお招きしてリスク研究センター地域金融・地方創生講演会を開催いたします。興味のある方はぜひ参加ください。
  • 191102 観光客アンケート調査(3/3回目)を実施しました。協力いただいた調査員の方々には感謝いたします。引き続きデータ入力のアルバイトを募集していますので、興味のある方は社会連携センターまで連絡ください。
    19観光調査イメージ
  • 191102 来る11/14に、関西学院大学より池田新介先生をお招きしてリスク研究センターセミナーを開催いたします。興味のある方はぜひ参加ください。
  • 191014 来る10/17に、慶應義塾大学より高橋大志(TAKAHASHI Hiroshi)先生をお招きしてリスク研究センターセミナーを開催いたします。興味のある方はぜひ参加ください。
  • 190930 彦根論叢 第421号(2019年9月・秋号)にて「観光の経済波及効果推計に用いる乗数モデル 彦根市観光を念頭に」を発表しました。
  • 190831 biwakoサーバ運用終了に伴い、当HPのアドレスを引っ越しました。
  • 190827 学部ゼミ企業訪問の一環として、東京証券取引所日銀本店および貨幣博物館へ行って参りました。
  • 190806 社会連携活動年報No.1(滋賀大学産学公連携推進機構)にて「彦根市観光の課題に関する一考察~繁忙期におけるマイカー利用客の鉄道利用への誘導および観光客高齢化の経済波及効果~」を発表しました。
  • 190716 秋学期に学生主催の計量経済学 勉強会を開催いたします。本年度未開講の計量経済学Ⅱをカバーするものです。興味のある方はぜひ参加ください。
  • 190712 来る7/25に、神戸大学より國部克彦先生をお招きしてリスク研究センターセミナーを開催いたします。興味のある方はぜひ参加ください。
  • 190617 来年度ゼミ相談を受け付けています。興味のある方は、気軽に連絡ください。
    ゼミ紹介
  • 190614 来る7/11に、関西学院大学より藤井英次先生をお招きしてリスク研究センターセミナーを開催いたします。興味のある方はぜひ参加ください。
  • 190614 本学付属図書館「私の推薦するこの1冊」に2冊(『グリーンスパン : 何でも知っている男』、『平成金融史 : バブル崩壊からアベノミクスまで』)を挙げました。
  • 190517 リスクフラッシュ第280号にセンター長挨拶を掲載しました。
  • 190508 来る5/30に、京都大学より梅津千恵子先生をお招きしてリスク研究センターセミナーを開催いたします。興味のある方はぜひ参加ください。
  • 190426 リスクフラッシュ第279号にセンター長挨拶を掲載しました。
  • 190327 彦根市役所記者会室にて、「平成30年(2018年) 彦根市観光に関する経済効果測定調査 報告書」の概要説明を本学社会連携センターの石井良一先生とともに行いました。(過去の観光調査はコチラから)
    18reportイメージ
  • 190322 中京学院大学研究紀要Vol. 26にて 「信用金庫の「地理的多様化」に関する研究」(中京学院大学 森映雄特任教授との共同研究)を発表しました。
    bulletin_CGUイメージ
  • 190124 リスク研究センター主催の2018年度第1回客員研究員ワークショップが開催されました。ワークショップの総括あいさつをさせていただきました。
  • 190117 本年度最後のリスク研究センターセミナーが開催され、東京工業大学の堀健夫(タケオ)先生にご講演頂きました。
  • 181217 15・16日とリスク研究センター主催の国際シンポジウム"The 2nd Risk in Economics and Society, Shiga University"に参加してまいりました(長崎大学・西南財経大学金融学院・北京工商大学との共催)。2日目はセッションチェアを務め、多くの有益な議論をしてまいりました。
  • 181212 学長との懇談を谷川先生と共に行って参りました。忌憚のない意見交換は意義深いものとなりました。
  • 181210 春学期CS統計学A(木曜3・4時限目)のSA(学習アシスタント)を若干名募集します。コア統計学を履修済みで、興味のある方は連絡ください。詳細はコチラ
  • 181201 陵水会理事会で本学リスク研究センターの活動報告を行ってまいりました。メンバーの方々からは、熱いご意見・要望をたくさん承りました。これらは運営サイドへフィードバックして活かしてまいります。
  • 181024 来年度ゼミ(1次募集)を受け付けています。興味のある方は、気軽に連絡ください(他ゼミの抽選に外れた方も歓迎します)。
    ゼミ紹介
  • 180726 社会連携研究センター報No.6(滋賀大学社会連係研究センター)にて「観光客高齢化および雨天・夜間対策の経済波及効果~彦根市観光に関する経済効果測定調査結果をふまえて~」を発表しました。
  • 180626 今年も彦根市からの受託研究として、経済効果測定調査(10回目)を引き受けることになりました(本学石井先生との共同研究)。本格的な調査・分析は10月以降になります。近日中に、社会連携研究センターを通じて調査員を募集することになります。興味のある学生はぜひ参加ください。
  • 180625 Deakin Univ.Harminder先生引率の学生3名が研究室を訪問されました。観光調査や観光施策について、意見を交換いたしました。
  • 180425 本学石井教授との共同受託研究の成果として「彦根市観光に関する経済効果測定調査報告書(2017年)」が彦根市より公開されました。コチラ
  • 180410 研究課題「地域金融機関の多様性指標を活用した金融政策効果の空間分析」が科研費基盤研究(C)に採択されました(課題番号18K01682)。
  • 180402 社会連携研究センター「滋賀大学シーズ集2018」に研究テーマ紹介を掲載しました。
  • 180326 滋賀大学経済学部Working Paper Series “銀行の業務多様化に関する一考察”を発表しました。
  • 180305 次年度(18年度)のシラバスをアップしました。下の講義・演習を参照のこと。
  • 180124 夏季休暇学生懸賞論文の表彰式が執り行われました。本研究室院生の呉(Wu)さんが佳作で表彰されました。おめでとう。
  • 171222 本研究室院生の呉(Wu)さんが、夏季休暇学生懸賞論文で入選しました。おめでとう。
  • 171017 彦根論叢 第413号(2017年秋号)に、昨年度夏季休暇学生懸賞論文の受賞者として本研究室院生の張(Zhang)さんが掲載されました。
  • 171016 季刊・経済理論 第54巻第3号に本学二宮健史郎教授との共同論文「金融資産の蓄積による金融化と経済の不安定性」が掲載されました。

    クリックで拡大

  • 170914 今年も、彦根市観光の経済効果観測調査に携わることになりました(共同研究者:社会連携研究センター石井教授)。調査員アルバイトを募集しますので、興味のある方は社会連携研究センターまで連絡ください。
  • 170822 ゼミの企業研究の一環として、日本銀行本店と東京証券取引所を見学してきました。交通費の一部を補助していただきました(一社)陵水会には、感謝を申し上げます。
    (これに合わせて、ホームページ背景を日銀旧館の中庭に変更しました)
  • 170821 Research in Political Economyに本学二宮健史郎教授との共同論文"Financial Instability in Japan: Debt, Confidence, and Financial Structure"が掲載されました。
  • 170719 社会連携研究センター報No.5(滋賀大学社会連係研究センター)にて「インバウンド需要の経済効果に関する一考察  ~彦根市観光に関する経済効果測定調査結果をふまえて~」を発表しました。
  • 170624 日本経済学会春季大会(於:立命館大学)で、大田先生(立命館大学)報告「量的質的緩和政策はなぜ景気回復に失敗したか」の討論者を勤めさせていただきました。大会プログラム
  • 170523 秋学期CS統計学A(木曜3・4時限目)のSA(学習アシスタント)を若干名募集します。コア統計学を履修済みで、興味のある方は連絡ください。
  • 170413 中京学院大学研究紀要Vol. 24にて 「信用金庫の業務の多様化について」(中京学院大学 森映雄特任教授との共同研究)を発表しました。
  • 170406 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。経済学科オリエンテーション資料をコチラからダウンロードできます。
  • 170404 2017年度のシラバスを公開しました。
  • 170401 経済効果測定調査に関する記事が、毎日新聞に掲載されました。
  • 170331 彦根市役所内記者クラブにて、「平成28年(2016年) 彦根市観光に関する経済効果測定調査 報告書」の概要説明を本学社会連携センターの石井良一先生とともに行いました。(過去の観光調査はコチラから)
  • 170129 耐震工事に伴い研究室を仮移転します。移転先は陵水会館2F(~3月末)となります。
  • 170103 明けましておめでとうございます。今年も研究・教務・地域貢献に邁進してまいります。関係各位の皆様、学生の皆さん、よろしくお願いします
  • 161216 本研究室院生の張(Zhang)さんが、夏季休暇学生懸賞論文で入選しました。おめでとう。

    クリックで拡大します

  • 161028 本学リスクフラッシュNo.248に、論文「金融資産の蓄積と経済の構造変化(二宮健史郎教授と共著)」が紹介されました。
  • 160930 本学リスクフラッシュNo.247に、論文「QQE(量的・質的金融緩和)と実体経済に関する時系列分析」が紹介されました。
  • 160926 雑誌『経済セミナー』に「量的・質的金融緩和と日本経済──黒田緩和からの3年間をたどる」を寄稿しました。
  • 160901 CRR Discussion Papers, Series J-59 「QQE(量的・質的金融緩和)と実体経済に関する時系列分析」を発表しました。
  • 160819 CRR Discussion Papers, Series J-58 「金融資産の蓄積と経済の構造変化」を発表しました(本学 二宮健史郎教授との共同研究)。
  • 160817 統計学Aおよび計量経済学Ⅰの成績結果講評をSUCCESS(滋賀大学キャンパス教育支援システム)にアップしました。
  • 160808 草津市役所にて草津市住宅マスタープラン等策定委員会(第1回)が開かれ、委員(学識経験者)として参加してきました。
  • 160624 本学研究推進プログラムに申請しました「フィナンシャル・アクセラレータ仮説に関する空間分析」が採択されました(期間は今年度末まで)。
  • 160623 入門セミナー受講生のプレゼン作成物を公開します。
  • 160608 滋賀県からの委託研究「県民はじめ企業や関係団体等との連携のもと、地方創生を推進していくための有効なツールとなる地域経済分析システム(RESAS)の活用促進を図るため、RESASを活用した本県経済の分析」に、助言・提案内容検討等の研究協力者として参画することになりました。
  • 160607 「彦根市観光施策の経済効果に関する一考察 ~ 彦根城域ライトアップ事業実施を例に~」が掲載された社会連携研究センター報No.4(滋賀大学社会連係研究センター)が刊行されました。
  • 160602 草津市住宅マスタープラン等策定委員会に、7月より学識委員として参画することになりました。
  • 160515 「信用金庫の収益構造と経営安定性に関する分析」を、森映雄特任教授(中京学院大学)と共同研究することになりました。
  • 160323 2016年度の担当講義を公開しました(一部のシラバスは後日公開)。
  • 160204 (公財)全国銀行学術研究振興財団の2015年度研究助成に採択され、表彰・助成金贈呈式に参加いたしました。財団の方々からのエールや他の採択者との交流を経て、一層研究に邁進していく所存です。
  • 160106 明けましておめでとうございます。今年も研究・教務・地域貢献に邁進してまいります。関係各位の皆様、学生の皆さんよろしくお願いします
  • 151218 本学リスクフラッシュNo.231に、論文「彦根城域ライトアップに係る経済効果についての研究」が紹介されました。
  • 151216 次年度春学期開講 統計学AのTA・SAを募集します。希望する学生は私(得田m-tokuda@biwako.shiga-u.ac.jp)あるいは学習支援室へ連絡してください。
    クリックで拡大します
  • 151214 (公財)全国銀行学術研究振興財団の2015年度助成に採択されました(テーマ:金融政策効果の地域格差に関する実証分析)。
  • 151211 彦根商工会議所からの受託研究が完了し、研究報告書「彦根城域ライトアップに係る経済効果についての研究」を提出しました。
  • 151202 第4回ビブリオバトルに特別審査員として参加しました。会場では参加者の本への熱い思いを感じ取って参りました。プレゼンターの皆さん、お疲れ様でした。
  • 151130 次の図書を図書館HPにて推薦しました。
    『円高・デフレが日本を救う(小幡績 著)』
  • 151122 経済理論学会(於:一橋大学)にて「アメリカ経済における構造変化と金融の不安定性」(本学二宮健史郎先生との共同研究)を報告しました。
  • 151118 次の図書2冊を図書館HPにて推薦しました。
    『地方消滅 創生戦略編(増田寛也・冨山和彦 著)』
    『日本経済を「見通す」力(伊藤元重 著)』
  • 151007 陵水会年報にH26年度研究助成による研究成果を掲載させていただきました。(公)陵水学術後援会の皆様には、改めて感謝申しあげます。
  • 151006 来年度ゼミ生を募集します。ただし、個別の演習ガイダンスは実施しません。本ゼミに興味のある方は、ゼミナール協議会配布のSeminar Informationを確認のうえ、個別に連絡してください。
  • 151002 彦根市産業部指定管理者候補者選定委員会に出席して参りました。
  • 150909 秋学期のシラバスを更新しました。
  • 150715 本年度の夏季休暇学生懸賞論文の募集要項が発表されました。学生の皆さんは奮って応募ください(本研究室関連の学生は特に)。応募先は経済経営研究所です。

    クリックで拡大

  • 150709 コアセッションでサポートいただいたTA・SAの方々の感謝状贈呈式ならびに最終報告会に出席しました。半年間お疲れ様でした。

    感謝状贈呈式の様子

  • 150630 彦根論叢No.404に新刊紹介を掲載しました。『バブルの正しい防ぎ方』『年収は「すむところ」で決まる
  • 150629 入門セミナー受講生のプレゼン作成物を公開します。
  • 150605 本学リスクフラッシュNo.210に、キャンパス保全の視点「経済学部講堂の思い出」が掲載されました。
  • 150501 図書選定学生委員(LSS)を募集します。興味のある学生は、図書館カウンターあるいは私(得田)まで連絡ください。

    要項はコチラ

  • 150323 2015年度のシラバスを公開しました。
  • 150210 コアセッションでサポートいただいたTA・SAの方々の感謝状贈呈式ならびに最終報告会に出席しました。半年間お疲れ様でした。

    感謝状贈呈式の様子

  • 150127 社会連携研究センター滋賀大学シーズ集」に研究テーマ紹介が掲載されました。
  • 150105 明けましておめでとうございます。今年も研究・教務・地域貢献に邁進してまいります。関係各位の皆様、学生の皆さんよろしくお願いします
  • 141224 週刊ダイヤモンド新年合併号「ベスト経済書」で、『年収は「済むところ」で決まる』のコメントを掲載しています。
  • 141209 次年度春学期開講 統計学BのTA・SAを募集します。希望する学生は私(得田m-tokuda@biwako.shiga-u.ac.jp)あるいは学習支援室へ連絡してください。

    現在統計学B受講中の学生も仮登録できます。ぜひチャレンジしてください。
    クリックで拡大します
     
  • 141208 本研究室院生の邵(Shao)さんが、夏季休暇学生懸賞論文で入選しました。おめでとう。
  • 141205 本学リスクフラッシュNo.189に、論文「不動産価格と実体経済―住宅地地価に関するファンダメンタルズ・モデルの妥当性」が紹介されました。
  • 141130 滋賀大学経済学部研究年報第21巻“不動産価格と実体経済―住宅地地価に関するファンダメンタルズ・モデルの妥当性―”を発表しました。
  • 141024 本学リスクフラッシュNo.184フロントページに「セミナー・シンポジウム参加を通じて」を寄稿しました。
  • 141003 次年度春学期ゼミ(専門演習Ⅰ)のシラバスを公表します。本ゼミを検討している学生は参考にしてください。
  • 140916 CRR Discussion Papers, Series B-13 "Structural Change and Financial Instability in the US Economy"を発表しました(本学 二宮健史郎教授との共同研究)。
  • 140808 本学リスクフラッシュNo.175論文紹介ページに「市区別パネルデータを用いた住宅地地価形成に関する実証分析―全国市区データを用いて―」を寄稿しました。
  • 140728 滋賀大学経済学部Working Paper “市区別パネルデータを用いた 住宅地地価形成に関する実証分析 ―全国市区データを用いて― ”を発表しました。abstract
  • 140722 8/9(土)に経済学部のオープンキャンパスを実施します。
    クリックで拡大
  • 140704 本学リスクフラッシュNo.170フロントページに「人口急減社会に経済学はどう向かい合うべきか」を寄稿しました。
  • 140630 「彦根市観光に関する一考察 ~ 首都エリアからの観光客誘致効果~」が掲載された社会連携研究センター報No.2(滋賀大学社会連係研究センター)が刊行されました。
  • 140624 秋学期の統計学AコアセッションのTA・SAを募集します。興味のある学生は、私か学習支援室まで連絡ください。
  • 140621 ポスト・ケインズ派経済学研究会(於:京都大学)で「市区別パネルデータを用いた住宅地地価形成に関する実証分析」を報告しました。
  • 140422 次の図書を図書館HPにて推薦しました。
    『孤独な日銀』(白川 浩道 著)
  • 140404 本学リスクフラッシュNo.159論文紹介ページに「彦根市観光に関する経済効果測定調査報告書~平成25年 彦根市観光の消費動向調査結果および観光消費による経済的波及効果の推計~」を寄稿しました。
  • 140328 彦根市役所内記者クラブにて、「H25年 彦根市観光に関する経済効果測定調査 報告書」の概要説明を、本学社会連携センターの石井良一先生とともに行いました。(過去の観光調査はコチラから)
  • 140131 本学リスクフラッシュNo.150に、本学二宮健史郎教授との共著論文“Prolonged Financial Instability in Japan: Debt, Confidence, and Financial Structure”が紹介されました。
  • 140125 次の図書2冊を図書館HPにて推薦しました。
    『国家が個人資産を奪う日(清水 洋 著)』
    『確率を知らずに計画を立てるな(内山 力 著)』
  • 140124 本学リスクフラッシュNo.149に、論文「パネルデータを用いた住宅地の均衡地価分析:全国市区データを用いて」が紹介されました。
  • 140117 本学リスクフラッシュNo.148フロントページに「消費税率引き上げの振り返り」を寄稿しました。
  • 140109 2014年度のシラバスを公開しました。
  • 140106 明けましておめでとうございます。今年も研究・教務・地域貢献に邁進してまいります。関係各位の皆様、学生の皆さんよろしくお願いします。
  • 131228 週刊ダイヤモンド12月25日号「2013年の『ベスト経済書』」で、私が読んだ『通貨「円」の謎』のコメントが掲載されました。興味のある方はゼヒご一読を!
  • 131216 本ゼミ生の森本友也さんが、夏季休暇学生懸賞論文で入選しました。おめでとう。
  • 131129 彦根商工会議所の小出新会頭と志賀谷専務理事が社会連携研究センターにお見えになり、彦根市の観光戦略について、意見交換を行いました(本学サイドは石井先生と私が対応)。
  • 131031 プロフィールページの「研究略歴と着想」と「研究内容」を更新しました。
  • 131028 CRR Discussion Papers, Series  “パネルデータを用いた住宅地の均衡地価分析: 全国市区データを用いて ”を発表しました。abstract
  • 131023 得田ゼミ希望者(現2回生)はメールにてアポイントを取ってください。簡単な面談を行った後、採用を決定します。
  • 131015 さる9/19に2013年都道府県地価調査(2013年7月1日時点)が公表されたのに合わせ、全国市区毎の加重平均地価(住宅地)を計算しました。(地価マップはコチラから)
  • 131011 次の図書3冊を図書館HPにて推薦しました。
    『地方にこもる若者たち―都会と田舎の間に出現した新しい社会―(阿部真大 著)』
    『人間はいろいろな問題について どう考えていけば良いのか(森博嗣 著)』
    『通貨「円」の謎(竹森俊平 著)』
  • 130927 CRR Discussion Papers, Series B-11 "Prolonged Financial Instability in Japan: Debt, Confidence, and Financial Structure"を発表しました(本学 二宮健史郎教授との共同研究)。
  • 130917 彦根市観光調査に協力いただける調査員を募集します。日時は10月14日(月・休)、10月29日(火)、11月3日(日)です。興味のある方は社会連携研究センターまで連絡してください。
  • 130809 本学リスクフラッシュNo.128フロントページに「消費増税からアベノミクスを考える」を寄稿しました。
  • 130802 『リフレはヤバい(小幡績 著)』を図書館HPにて推薦しました。
  • 130712 「彦根市観光に関する一考察~彦根城周辺観光の拡張可能性~」が掲載された社会連携研究センター報No.1(滋賀大学社会連係研究センター)が刊行されました。
  • 130704 13年度彦根市産業部指定管理者候補者選定委員会(2回目)に外部委員(観光分野有識者)として参加してまいりました。
  • 130621 本学リスクフラッシュNo.121フロントページに「関西圏が抱えるリスク(地価公示およびシンポジウム報告を通じて)」を寄稿しました。
  • 130620 秋学期統計学BのTAおよびSAを若干名募集します。興味のある方は連絡ください
  • 130531 リスク研究センター発足10周年記念シンポジウム“競争と協調で拓くアジアの未来”が開催されました(於:経済学部講堂)。
    終了後の記念撮影。左から梅澤学部長、中塚関西広域連合本部事務局長、嘉田滋賀県知事、佐和滋賀大学学長、古川平和堂顧問、稲野野村アセットマネジメント取締役会議長、持木経産省近畿経済産業局通商部長、久保リスク研究センター長の皆様。
    (クリックで拡大)
  • 130528 13年度彦根市産業部指定管理者候補者選定委員会(1回目)に外部委員(観光分野有識者)として参加してまいりました。
  • 130525 週刊ダイヤモンド5月25日号「100年後も読み継がれる『ベスト経済書』」で、私が読んだ『上級マクロ経済学』『現代マクロ経済学講義』のコメントが掲載されました。興味のある方はゼヒご一読を!
  • 130502 5/31(金)に講堂でリスク研究センター発足10周年記念シンポジウム“競争と協調で拓くアジアの未来”を開催します。多数のVIPの方が来学され、貴重な話が聴けます。ぜひ参加してください(無料)。
    画像クリックで拡大します
  • 130501 4/24付でお知らせした勉強会は、毎週火曜の5時限目、第3演習室に変更しました。前回の時限で都合が悪かった方は再検討してみてください。
  • 130424 学部生・研究生・院生有志の方々を対象に、 Applied Econometrics (Dimitrios Asteriou and Stephen G. Hall) を用いて、計量経済学および分析ツール(EViews)の勉強会を開催することにしました。
    日時は当面、水曜4時限目、PC教室第2演習室を考えています。(参加者の意向で変更も可能)。
    (5/1のみは2時限目、第4演習室)
    計量的な分析、ソフトの活用、英語テキスト読解等に興味のある方は、得田まで連絡の上、参加ください。
  • 130408 住宅経済研究会(於:東京国際フォーラム)にて「パネルデータを用いた均衡地価分析:首都圏・中部圏・近畿圏主要都市について」を報告しました。
  • 130405 新入生の皆さん、入学おめでとう。
  • 130326 彦根市役所内記者クラブにて、「H24年 彦根市観光に関する経済効果測定調査 報告書」の概要説明を本学社会連携センターの石井良一先生とともに行いました。(過去の観光調査はコチラから)
  • 130321 研究推進プログラム、教育研究支援基金支援事業に係る研究成果報告会で報告(「空間情報を活用したマクロ経済モデルによる金融政策効果の実証分析」於:大学本部TV会議室)
  • 130115 韓国プギョン大学から学生3名の訪問を受けました(於:彦根市役所)。ゆるキャラ(ひこにゃん)の経済効果について質問があり、統計資料を交え説明させていただきました。
  • 130104 明けましておめでとうございます。今年も研究・教務・地域貢献に邁進してまいります。関係各位の皆様、学生の皆さんよろしくお願いします。 
  • 121226 静岡大学人文社会科学部での集中講義『理論と情報特論Ⅲ』(12/22~25)は予定通り終了しました。受講生の皆さん、お疲れ様でした。最終レポートについてはコチラを参照ください。
  • 121213 毎週水曜日に開催していたAdvanced Macroeconomics (David Romer)の勉強会をChap.6をもって終了しました。積極的に参加してくれた院生・学部生の皆さんに感謝します。
  • 121212 次期統計学AのTA・SAに欠員が生じたため、1名を追加募集します。希望する学生は私あるいは学習支援室へ連絡してください。
  • 121210 TA・SAをの募集を締め切ります。応募してくれた学生には感謝します。
  • 121130 12/3(月)より次年度春学期開講 統計学AのTA・SAを募集します。希望する学生は私(得田m-tokuda@biwako.shiga-u.ac.jp)あるいは学習支援室へ連絡してください。
    クリックで拡大します
  • 121116 本学リスクフラッシュNo.93フロントページに「金融政策を通じた都市形成」を寄稿しました。
  • 121108 CRR Discussion Papers, Series B-7 "The Relationship between Structural Change and Financial Instability: A VAR Analysis of the US Economy"を発表しました(本学 二宮健史郎教授との共同研究)。abstract
  • 121106 観光客アンケート調査(3/3回目)を実施しました。協力いただいた調査員の方々には感謝いたします。データチェックのアルバイトを募集していますので、興味のある方は社会連携研究センター(陵水会館1F)まで連絡ください。
  • 121104 プロフィールを更新しました。
  • 121103 観光客アンケート調査(2/3回目)を実施しました。協力いただいた調査員の方々には感謝いたします。データ入力のアルバイトを募集していますので、興味のある方は社会連携研究センター(陵水会館1F)まで連絡ください。
    調査前ミーティングの様子
  • 121102 来春、得田ゼミに参加を申し込む学生は、事前に顔合わせ(面接というほど堅苦しくない)をしていただきますので、メールにて連絡ください。
    今年度のゼミ旅行先は東京(日銀東証)でした
  • 121029 下記日程
    ○11月 5日(月)3時限目:24番教室
    ○11月12日(月)3時限目:24番教室
    に、得田ゼミ所属の3回生による卒業論文の中間報告会を行います。 オープンな報告会なので、興味がある学生は是非参加してください。
  • 121027 観光客アンケート調査(1/3回目)を実施しました。協力いただいた調査員の方々には感謝いたします。データ入力のアルバイトを募集していますので、興味のある方は社会連携研究センター(陵水会館1F)まで連絡ください。
  • 121019 本学リスクフラッシュNo.89に寄稿論文“パネルデータを用いた均衡地価分析:首都圏・中部圏・近畿圏主要都市について”の概要が紹介されました。
  • 121001 CRR Discussion Papers, Series J-30 “パネルデータを用いた均衡地価分析:首都圏・中部圏・近畿圏主要都市について”を発表しました。abstract
  • 120925 秋学期のシラバスを掲載しました。
  • 120921 本学リスクフラッシュNo.85に「成長のための臥薪嘗胆」を寄稿しました。
  • 120919 公益財団法人 中部圏社会経済研究所より彦根市観光調査および波及推計についてのヒアリングを受けました。
  • 120915 日本金融学会の全国大会で討論者を務めてまいりました。セッション:金融システムにおける公的部門の役割、平賀・藤井・小塚氏の”Analyses of Public Investment Shock in Japan: Factor Augmented Vector Autoregressive Approach”についてです。
  • 120905 企業研究の一環として、8/31(金)にゼミ生の皆さんと日銀本店貨幣博物館および東京証券取引所を見学しました。交通費の一部は陵水ゼミナール支援制度を活用いたしました。陵水会の皆様には感謝を申し上げます。
  • 120818 8/20(月)~24(金)に夏季集中講義「資本蓄積論」が開講されます。講師は富山大学経済学部の新里泰孝先生であり、私の恩師でもあります。受講生はしっかり勉強してください。
  • 120804 TA・SAとして講義の手伝いをしてくれた方々と慰労会を行いました。多くの無理難題?に応えてくれた皆さんに感謝です。
  • 120730 「彦根市観光の経済効果 ~彦根城周辺観光の拡張可能性~」が掲載された平成23年度地域連携活動報告書(滋賀大学社会連係研究センター)が刊行されました。
  • 120714 陵水会彦根・湖東支部総会に参加して、委員を務めるリスク研究センターのPRとアンケート調査を行ってまいりました。
    会場は遊亀亭でした
  • 120708 統計学BのTA・SA募集を締め切ります。多数の応募ありがとうございました。
  • 120628 7/2(月)より秋学期開講の統計学BのTA・SAを募集します。希望する学生は私(得田m-tokuda@biwako.shiga-u.ac.jp)あるいは学習支援室へ連絡してください。定員に達し次第、閉め切ります。
    クリックで拡大します
  • 120619 本日の分析ツール(得田クラス)は暴風警報発令につき休講となりました。受講生には対応について個別にメールを送信しましたが、万一届いていない方がいましたら私の研究室まで来るかメールにて連絡ください。
  • 120618 水曜4時限目に院生・学部生有志の方々で、Advanced Macroeconomics (David Romer)を読んでいます。経済成長論、ダイナミクス、論文の体裁等に興味のある方は得田まで連絡の上、参加ください。
  • 120608 12年度彦根市産業部指定管理者候補者選定委員会に外部委員(観光分野有識者)として参加してまいりました。
  • 120521 Korea and the World Economyに本学二宮健史郎教授との共同論文"Structural Change and Financial Instability in an Open Economy"が掲載されました。
  • 120509 全講義科目検索システムが未だ復旧していません。復旧まではSUCCESSで代替します。
  • 120402 2012年度春学期のシラバスを公開しました。
  • 120319 彦根市役所内記者クラブにて、「H23年 彦根市観光に関する経済効果測定調査 報告書」の概要説明を本学地域連携センター山﨑先生とともに行いました。(過去の観光調査はコチラから)
  • 120314 滋賀大学職員表彰を授与しました。推挙頂いた方々には感謝申し上げます。
  • 120302 本学リスクフラッシュNo.58に「「プレイヤー」のすすめ」を寄稿しました。
  • 過去のお知らせはコチラ
  • 120215 草津市役所にて草津市住宅マスタープラン等選定委員会(第6回最終回)が開かれ、委員(学識経験者)として参加してきました。
  • 120104 明けましておめでとうございます。今年も研究・教務・地域貢献に邁進してまいります。関係各位の皆様、学生の皆さんよろしくお願いします。
  • 111219 彦根市観光留置きアンケートのプレゼント抽選会を彦根市役所にて行いました。多くのご応募がありましたことを感謝いたします。
    抽選会の様子 ひこにゃんに御足労願いました。
  • 111213 草津市役所にて草津市住宅マスタープラン等選定委員会(第5回)が開かれ、委員(学識経験者)として参加してきました。
  • 111125 本学リスクフラッシュNo.46に「彦根市観光の現状とリスク」を寄稿しました。
  • 111117 観光客アンケート調査(3回目)を実施しました。協力いただいた調査員の方々には感謝いたします。地域連携センターではデータチェック(読み合わせ)のアルバイトを募集しています。興味のある方は連絡してみてください。
    彦根城大手門前での調査の様子(11/17)
  • 111107 草津市役所にて草津市住宅マスタープラン等選定委員会(第4回)が開かれ、委員(学識経験者)として参加してきました。
  • 111103 観光客アンケート調査(2回目)を実施しました。協力いただいた調査員の方々には感謝いたします。地域連携センターではデータ入力のアルバイトを募集しています。興味のある方は連絡してみてください。
    彦根城大手門前での調査の様子(11/3)
  • 111017 陵水会年報(滋賀大学経済学部)10/1号に研究成果報告を掲載しました。
  • 111016 観光客アンケート調査(1回目)を実施しました。協力いただいた調査員の方々には感謝いたします。引き続き2回目以降の調査員の募集と、データ入力のアルバイトを募集しています。興味のある方は地域連携センターまで。
    いろは松駐車場での調査の様子(10/16)
  • 111014 今秋も観光客アンケート調査をのべ3日行います。3回目調査(11/11(金))の調査員アルバイトが若干名不足のため、希望する学生は地域連携センターにて申し込みを行ってください。
  • 111003 彦根市指定管理者選定委員会に外部委員(観光分野有識者)として出席しました。
  • 110917 経済理論学会(於:立教大学)で本学二宮健史郎先生とともに"Structural Change and Financial Instability in an Open Economy"を報告しました。
  • 110916 本学リスクフラッシュNo.37に「最近の人口動態が示唆するもの」を寄稿しました。
  • 110912 草津市役所にて草津市住宅マスタープラン等選定委員会(第3回)が開かれ、委員(学識経験者)として参加してきました。
  • 110818 「彦根市観光における観光消費額および経済波及効果の一考察 ~周辺自治体との比較において~」が掲載された滋賀大学地域連携センター報No.7が刊行されました。
  • 110804 草津市役所にて草津市住宅マスタープラン等選定委員会(第2回)が開かれ、委員(学識経験者)として参加してきました。
  • 110720 季刊・経済理論 第48巻第2号に本学二宮健史郎教授との共同論文「構造変化と金融の不安定性」が掲載されました。
  • 110719 TA(Teaching Assistant)・SA(Student Assistant)感謝状贈呈式及び最終報告会が生協2階ゲストルームで催されました。半年間、コアセッション統計学Bの運営に尽力してくれたSAの方々には感謝します。
    統計B SAの皆さん、半年間お疲れ様でした!
  • 110718 計量分析ソフトEViewsを用いた学生論文コンテストが株)ライトストーンにて催されています。興味のある方、チャレンジしたい方はコチラを参照ください。
  • 110630 リレー講義「経済学科で学ぶ」配付資料をアップします。
  • 110619 秋学期開講2科目のシラバスを公開します。なぜか半角文字が文字化けしていますが、ウェブシラバスで正確な情報を確認してください。
  • 110617 9月の経済理論学会(第59回大会)で二宮健史郎教授との共同報告(タイトル“Structural Change and Financial Instability in an Open Economy”)を行います。
  • 110606 草津市役所にて草津市住宅マスタープラン等選定委員会が開かれ、委員(学識経験者)として参加してきました。
  • 110523 草津市の職員さんがお見えになり、先日委嘱された草津市住宅マスタープラン等選定委員会の概要とその委員の役割についてレクチャーを受けました。
  • 110408 本学学生は彦根城玄宮園および彦根城博物館に無料で入れるようになったようです(学生証必要)。私の担当講義でも積極的に利用していきます。詳細はコチラ
  • 110406 H22年度リスク研究センター研究助成の研究報告がアップされました。コチラ
  • 110406 コアセッション統計学Bの特設サイトを開設しました。
  • 110329 本学学術国際課会議室にて科研費連動型研究推進プログラム報告会が行われ、 「GIS(地理情報システム)を活用したマクロ経済モデルによる経済政策効果の実証分析」の報告をしました。
  • 110328 彦根市役所内記者クラブにて、「H22年 彦根市観光に関する経済効果測定調査 報告書」の概要説明を本学地域連携センター山﨑先生とともに行いました。(過去の観光調査はコチラから)
  • 110317 CRR Discussion Papers, Series B-2 "Structural Change and Financial Instability in an Open Economy"を発表しました(本学 二宮健史郎教授との共同研究)。abstract
  • 110312 未曾有の大地震により被害を受けられた被災者の皆様に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。
    本日、本学にて一般入試(後期日程)が実施されますが、地震の影響につきましては可能な限り配慮するとのことです。詳細は下記にて。
    滋賀大学入試課(TEL.0749-27-1023)
  • 110128 論文『住宅地の価格形成要因に関する一考察―関西圏のエリア比較をケースとして―』を滋賀大学経済学部研究年報 第17巻に掲載しました(ウェブにはまだリンクされていないようです)。
  • 110125 TA(Teaching Assistant)・SA(Student Assistant)感謝状贈呈式及び最終報告会が生協2階ゲストルームで催されました。半年間、コアセッション統計学Aの運営に尽力してくれたSAの方々には感謝します。
    統計学SA&TAの皆さん、お疲れ様でした!

  • 110119 来学期コア・セッション統計学BのSAの陣容が決定しました。たくさんの応募者が来たことに感謝します。内定通知が来た方は、協力方よろしくお願いします。
  • 110102  明けましておめでとうございます・・・とは言えないようなニュースが飛び込んできました。ひこね街の駅「寺子屋力石」の火事です。まちづくりの拠点として講座や勉強会、イベントなどに活用され、私自身も何度か報告させていただいたことのある、たいへん趣のある歴史的建造物だっただけに残念です。
    火事のニュース、Yahooのトップでも紹介されていました。まことに残念!

  • 101225 来学期コア・セッション統計学BのSA(Student Assistant)を若干名募集しています。興味のある方は1/17(月)の学習支援室主催の説明会に参加してください。
    コア・セッション統計学BのSA募集中です。クリックで拡大
  • 101221 彦根市観光留置きアンケートのプレゼント抽選会を彦根市役所5Fにて行いました。多くのご応募がありましたことを感謝いたします。
    抽選会の様子 ひこにゃんに御足労願いました。
  • 101125 リレー講義 経済・ファイナンスへの招待(副題: データの読み方―地価を題材として―)を行いました.講義中参照した資料については,以下の講義・演習にリンクを張っておきました.
  • 101122 シンポジウム「大学教育と職業との接続を考える(於:東京大学)」に参加しました.著名な方々やその筋の専門家の話は刺激的であり,大変参考になりました.
  • 101112 昨日の観光調査(3回目)をもって、今年の観光客アンケート実査は全て終了しました。調査にご協力いただいた本学学生および観光ボランティア協会のみなさん、本当にありがとうございました。
  • 101020 10/22のゼミガイダンス資料をアップします。興味のある方は参照してください。
  • 101019 CRR Discussion Papers, Series J-5 "貸し手のリスク」と経済の構造変化、循環、及び不安定性"を発表しました(本学 二宮健史郎教授との共同研究)。abstract
  • 101016 彦根市観光客アンケート調査を行いました(1回目)。調査員の学生ならびにボランティアガイド協会のみなさん、お疲れ様でした。2回目は21日(木)実施予定です。
  • 101005 コア・セッション(統計学A)のページを公開しました。
  • 100924 金融学会報告(9/26)用の関連資料を公開します(コチラ)。興味のある方は自由にダウンロードしてください。
  • 100908 今秋も観光客アンケート調査を行います。10/16(土)、10/21(木)、11/3(水祝)の3日間です。調査員アルバイトを希望の学生は産研センターにて申し込みを行ってください。
  • 100720 ご当地キャラクターランキングでひこにゃんが1位に輝きました。(朝日新聞7/10、本学部生は聞蔵IIビジュアルからログインできます。)産研センター推計の経済効果も紹介されています。
  • 100717 「彦根市観光の現状と今後~3 年にわたる経済効果測定調査から~」報告、於:ひこね街の駅「寺子屋力石」10:30~12:30、興味を持って参加いただいた方、有意義なご意見をいただいた方、感謝します。
    スライド資料1、資料2(非公開)
  • 100621 秋学期コア・セッション(統計学A)のSA・TAを募集しています。コア統計を履修した方で“我こそは”という方は是非応募してください。就活に有利なのはもちろん、学生最後の貴重な経験になるでしょう。
    クリックで拡大されます。
  • 100601 本学部情報処理教室に導入されている計量分析ソフトEViewsのeラーニングができるようになりました。ゼミ生あるいは計量系科目を受講の学生で、興味がある方はぜひ体験してください。ログイン方法は情報処理センターのスタッフにたずねてください。
  • 100511 7/17(土)に「《談話室》それぞれの彦根物語」で報告させていただきます(at ひこね街の駅「寺子屋力石」)。ネタは確定していませんが、観光調査に関連したものをお話しさせていただきます。ご興味のある方は学生・教職員・市民問わずぜひご参加ください。
  • 100424 CRR Working Paper Series J-13 "住宅地価格に関する定量分析―彦根市と西宮市の比較をケースとして―"を公表しました。論文掲載外の参考・関連資料はコチラから。
  • 100416 計量経済学Ⅰ受講者へ
    4/19の講義のみ情報2教室で行い、以降は情報1を使用します(大学入門セミナーの関係)。何度も教室変更をして申し訳ありません。
  • 100408 経済学科新入生のみなさん入学おめでとう!4/7夜間経済系ガイダンスでの配付資料はコチラ。4/8「経済学科で学ぶ」提示スライドは下の講義・演習案内からDL可能です。
  • 100402 「H21年 彦根市観光に関する経済効果測定調査 報告書」が彦根市HPで公開されました(記事:京都新聞3/26)。
  • 100330 故諏訪先生の弟子有志で編集した論文集「平成不況」が出版されました。興味のある方はぜひ一読ください(得田 第6章担当)。
  • 100325 彦根市役所内記者クラブにて、「H21年 彦根市観光に関する経済効果測定調査 報告書」の概要説明を産業共同研究センター山﨑先生とともに行いました。
  • 100324 次年度のシラバスを公表しました。
  • 100302 観光調査で大変お世話になった山崎一眞先生の退職記念講演会が3/17(水)に経済学部5番教室で行われます。詳しくはコチラまで。
  • 100212 アイセック滋賀大学委員会が主催する海外インターンシップ報告会に参加しました。3名のインターン生から貴重なお話をうかがうことができました。
  • 100123 「滋賀大学と地域が進める地域政策シンポジウム2010」(詳細は産研センターより)が東近江市のアピアホールで催されました。観光調査でお世話になっている山崎先生の退職記念講演も行われました。
  • 100108 期末レポート提出BOXを教務前に設置しました。詳細は講義中に提示(配付)したファイルを参照してください。
  • 091225 次年度の開講科目を発表しました。
  • 091224 さる12/21(月)東洋経済新報社本社で催されたエコノメイト年末景気セミナーに参加してきました。Economateを活用したマクロモデルによる日本・アメリカの景気予測、産業別予測、滋賀県の予測等に関し、分析者と意見交換して参りました。ここでの知見は自身の研究や観光調査報告書作成で活かして参ります。
    東洋経済新報社は日銀のすぐソバにあります。年の瀬で慌ただしく働く金融マン達の息遣いを感じ取ってきました。
  • 091214 週刊ダイヤモンド12月19日号「2009年の『ベスト経済書』」で、私が読んだ『アニマルスピリット』のコメントが掲載されました。おもしろい本です。興味のある方はゼヒご一読を!
  • 091207 観光客留置きアンケートのプレゼント抽選会を彦根城博物館にて行いました。多くのご応募がありましたことを感謝いたします。
    抽選会の様子
  • 091120 11/19(木)に彦根城周辺で観光客アンケート調査(3回目)を行いました。協力していただいた観光ボランティアや学生の方々には、寒空の中獅子奮迅の働きをたまわり篤く感謝します。
    調査前ミーティングの様子 於:表門チケット売り場横
  • 091110 経済経営研究所Working Paper Seriesに論文を寄稿しました(Title: Consideration of Relation between Characteristic and Price of Land by Hedonic Approach: The Residential Quarter in Shiga Prefecture as a Case Study)。
  • 091104 11/3(火祝)に彦根城周辺で観光客アンケート調査(2回目)を行いました。協力していただいた観光ボランティアや学生の方々には、寒空の中獅子奮迅の働きをたまわり篤く感謝します。
    午前中は小雨模様でしたが、午後には回復して一安心(京橋口駐車場)
  • 091024 10/26(月)12:30~12:40に第5講義室にて専門演習ガイダンスを行います。興味のある学生は参加してください。[資料]
  • 091023 京都府立洛北高等学校で模擬講義を行ってきました。教室いっぱいの生徒が来てくれました。関心を持っていただきありがとうございました。

    タイトルは「“一国一城の主”になろう!」でした。資料DLはクリックにて。
  • 091019 10/17(土)に彦根城周辺で観光客アンケート調査(1回目)を行いました。協力していただいた観光ボランティアや学生の方々には、荒天の中獅子奮迅の働きをたまわり篤く感謝します。
  • 091016 観光客アンケート調査を明日(土曜日)行います(雨天の場合日曜日)。調査員の皆さんはよろしくお願いします。
  • 090914 夏季休暇学生懸賞論文の〆切(9/30)が近づいてきました。
    投稿予定の学生は計画的に執筆してください。
  • 090803 計量経済学Ⅰ(昼・夜)期末レポート結果講評は8/6(木)以降に全講義科目検索ページより公表します。
  • 090731 09年秋学期のシラバスを公表します。下記講義名をクリックすれば閲覧できます。
  • 090725 リスク研究センターCRR WORKING PAPER SERIESに論文を寄稿しました(タイトル「金融政策の効果減衰に関する実証分析」)。
  • 090720 春学期の担当講座は全て終了しました。受講生には優れたレポートが提出されることを期待します。
  • 090620 本学山﨑先生と共同で行った彦根市観光に関する経済効果測定調査が彦根市から公開されました。興味のある方は御一覧ください。
  • 090619 リレー講義「経済学科で学ぶ」を6/25(木)1時限目に担当します。シラバス上のタイトルは「データの読み方―地価を題材として―」ですが、「“一国一城の主”になろう!」をテーマとして住宅用土地・建物の“今”を紹介していく予定です。
  • 090608 EViews販売代理店の株)ライトストーン社が学生論文コンテストを催しています。興味のある学生はぜひ応募してみてください。
  • 090513 内閣府のセミナーにてコメンテーターを担当した佐藤綾野先生の論文「各国中央銀行のマクロ計量モデルサーベイ」が公開されています。実務家版DSGEモデルの“今”がわかる論文です。興味のある方は是非DLを。
  • 090414 「彦根市観光に関する経済効果測定調査」に関する記事がNIKKEI NETに掲載されました。アンケート実査、入力、チェック等で調査に協力してくれた学生には重ねて感謝します。
  • 090407 新入生の皆さん、入学おめでとう!滋賀大学、そして彦根で学び・吸収し・感じ取り、将来を託せる立派な人物にアップグレードされることを期待します。
  • 090403 彦根市役所内記者クラブにて、「H20年 彦根市観光に関する経済効果測定調査 報告書」の概要説明を産業共同研究センター山﨑先生とともに行いました。概要書はそのうち彦根市HPからダウンロードできるようになると思います。
  • 090316 09年春学期のシラバスを公表します。下記講義名をクリックすれば閲覧できます。
  • 090217 今週富山大学での経済情報処理ワークショップにて、「滋賀大学経済学部の情報処理教育体制~コア科目制度との関連を中心に~」というタイトルで報告します。ネットで生配信されるようです。興味のある方はご覧ください。
  • 090206 学習支援室主催のTA・SA感謝状贈呈式および最終報告会を行いました。コア・セッションを盛りたててくれたTA・SAのみなさん、お疲れ様でした。
    TA・SA最終報告会の様子
    TA・SA最終報告会の様子(2月6日)
  • 090201 2009年度の担当講義を発表します。講義概要・シラバスについては全講義科目検索ページより確認してください。当HPでも準備され次第公表します。
  • 090131 『金融・通貨制度の経済分析』刊行(発行日は昨年12月25日、遅れてすみません)。私は第Ⅰ部第4章を担当しております。
  • 090130 論文『GDPギャップの推計』を彦根論叢第375号に寄稿しました。
  • 090127 内閣府経済社会総合研究所セミナーにて、佐藤綾野客員研究員報告「各国中央銀行のマクロ計量モデルサーベイ」のコメンテーターを担当しました。当論文は近日公表予定です。実務家版DSGEモデルの“今”がわかります。
  • 090106 週刊ダイヤモンド12月27日/1月3日合併号「08年ベスト経済書」で、私が読んだ『経済は感情で動く』のコメントが掲載されました。おもしろい本です。興味のある方はゼヒご一読を!
  • 081229 12/23~12/26静岡大学で非常勤講座を担当しました。講義実績&最終レポートについてはコチラ
  • 081212 観光客アンケート(留め置き)の抽選会を彦根城博物館ひこにゃんとともに行いました。当選は賞品の発送をもって代えさせて頂きます(産業共同研究センター)。アンケートにご協力いただいた観光客の皆様には感謝いたします。
    抽選会の様子
    抽選会の様子(12月12日)
  • 081125 栃木県宇都宮市政策審議室の方々からの行政視察を受け入れました(於 産業共同研究センター)。彦根城築城400年祭事業での観光消費による経済効果の推計について説明させていただきました。
    行政視察の様子
    行政視察での説明会の様子(11月25日)
  • 081029 10/30(木)「経済学と現代」講義休講:駅伝大会等により休講になります。
  • 081014 昨年に引き続き、 彦根市観光客アンケート調査を彦根城周辺5ヶ所で実施しました。今回は学生調査員に加え、一般市民の観光ボランティアの方々にも調査員となっていただきました。ご協力感謝いたします。
    10/12調査の様子
    彦根市観光アンケート調査の様子(10月12日)
  • 081002 講義「経済学と現代」の教室変更:次週(10/9)からは講義を、情報処理センター第1演習室(情報1)で行います。 自身が作成したファイルを持ち帰れるよう、USBメモリ等の準備をしておいてください。
  • 080922 「400 年祭経済調査からみえてきたもの」報告、於:ひこね街の駅「寺子屋力石」10:30~12:30、興味を持って参加いただいた方、有意義なご意見をいただいた方、感謝します。
  • 080908 アンケート調査員募集:
    昨年に引き続き、彦根城周辺で観光客アンケートを行います。それに伴い調査員(アルバイト)を募集します。
    ○10/12(日)[雨天の場合は13日(月祝)]
    ○11/8(土)[雨天の場合は9日(日)]
    ○平日(未定:決定次第更新)
    興味のある方はぜひ参加してください。連絡先は滋賀大学産業共同研究センターです。なお、定員に達し次第締め切ります。
  • 080908 アンケート調査員募集:
    昨年に引き続き、彦根城周辺で観光客アンケートを行います。それに伴い調査員(アルバイト)を募集します。
    ○10/12(日)[雨天の場合は13日(月祝)]
    ○11/8(土)[雨天の場合は9日(日)]
    ○平日(未定:決定次第更新)
    興味のある方はぜひ参加してください。連絡先は滋賀大学産業共同研究センターです。なお、定員に達し次第締め切ります。
  • 080811 さる8月4日に経済学部主催でTA・SA感謝状贈呈式および最終報告会が執り行われました。統計Bコアセッションでお世話になった皆さんも全員参加していただき、大変有意義な時間を過ごせました。改めて感謝いたします。なお、彼らを含め過去のSAの皆さんはコチラで紹介しています。
    感謝状贈呈式の様子 最終報告会(打ち上げ?)の様子
  • 080806 本学谷口ゼミが運営している、コミュニティサイト知り隊!教え隊!井伊直弼で、ひこにゃんに負けず劣らずのゆるキャラ「なおすけちゃん(仮)、」の正式名称を募集しているそうです(右)。優秀者にはステキなプレゼントがあるとのこと。ゼヒ応募しましょう!

    ひこにゃんに続くムーブメントを起こすか?なおすけちゃん(仮)
    詳しくは谷口先生のサイトをご覧ください。

  • 080722 9月20日(土)10:30~12:00、「400 年祭経済調査からみえてきたもの」で報告を行います(於:ひこね街の駅「寺子屋力石」)。興味のある方はご参加ください。
  • 080722 秋学期開講の計量経済学Ⅱシラバスを開設しました。また、その他科目は滋賀大学Webシラバスから参照できます。
  • 080714 論文『国宝・彦根城築城400年祭に見る彦根観光の消費動態』を滋賀大学産業共同研究センターNo.7に寄稿しました。
  • 080326 彦根城築城400年祭経済波及効果調査に関して概要版表紙
    観光消費額170億円、経済波及効果338億円等の報告記事が
    08年3月26日(朝) 中日新聞 電子版はコチラ、京都新聞 電子版はコチラ、毎日新聞 電子版はコチラ、朝日新聞
    に掲載されました。
    概要は彦根市ホームページからダウンロードできます。
  • 080325 彦根城築城400年祭経済波及効果調査報告書 提出および記者発表(於:彦根市役所)
    市長・実行委員会会長らに報告書を提出、引き続き記者発表を行う。
  • 080314 彦根城築城400年祭経済波及効果調査報告書 説明会(於:彦根市役所)
    市長・実行委員会会長らに報告書の概要説明を行う。
  • 080108 彦根城築城400年祭経済波及効果調査に関して
    観光消費額170億円等、調査の中間報告内容が
    07年12月27日(朝) 京都新聞
    07年12月28日(朝) 朝日新聞(ココあるいはココから記事の閲覧可)、産経新聞
    08年1月4日(朝) 毎日新聞
    に掲載されました。
    アンケート実査、入力、チェック等で調査に協力してくれた学生には重ねて感謝します。
  • 071214 (400年祭アンケート調査に参加した学生へ)これといって使い道はないのですが・・・
    実査箇所で使用したのぼりを先着順で差し上げます(限定8枚、参加学生限定、右写真)。記念に是非という方は産業共同研究センターまで連絡ください。
  • 071109 (大学院生)08年度計量経済学(Ⅰ・Ⅱ)TA募集
    08年度計量経済学(Ⅰ・Ⅱ)のTAを募集します(1名)。計量経済学(Ⅰ・Ⅱ)の講義サポートであり、主な内容はPC教室にて学部生にエクセル(回帰分析含む)の操作法を教えることです。興味のある方はメールか研究室まで連絡ください。
  • 071109 (学部生・大学院生)08年度春学期コア統計学B TA・SA募集
    08年度春学期コア・セッション統計学BのTA・SAを募集します(若干名、木曜4・5時限)。内容はコチラを参照下さい。興味のある方はメールか研究室まで連絡ください。
  • 071103 11月3日(土)に2回目の400年祭アンケート調査を行いました。アンケート調査員(アルバイト)に参加してくれた学生には感謝します。
    11月3日に行った調査の様子です。
    アンケート調査の様子(11/3)

    なお、3回目調査を11月8日(木)に9:00~13:00、13:00~17:00に分けて募集します。講義が入っていなく、協力できる方は産業共同研究センターまで連絡ください。
  • 071102 次年度専門演習(Ⅰ・Ⅱ)についての情報をアップしました。
  • 071012 10月13日(土)のアンケート調査員(アルバイト)募集は締め切りました。多くの学生に協力いただき感謝します。なお、11月3日(土)はまだ募集中です。興味のある方は産業共同研究センターあるいは得田まで連絡ください。
  • 071009 10月13日(土)、11月3日(土)、11月8日(木)に行われる「国宝・彦根城400年祭の経済効果に関する調査」のアンケート調査員(アルバイト)を募集しています。興味のある学生は産業共同研究センターあるいは得田まで連絡ください。なお、定員になり次第、募集は締め切ります。
  • 070708 早稲田大学GLOPEワークショップでの報告をアップしました。
  • 070628 経済学科で学ぶ(6/28)データ版資料所在をアップしました(理論版資料アップ予定なし)。
  • 070404 2007年度春学期のシラバスをアップしました